来日作品を見逃すな!

ピサロ《オペラ座通り、テアトル・フランセ広場》、ゴーギャン《バラと彫像》が見られる!

コロー《川辺の木陰で読む女》 ダヴィッド《マラーの死》 ピサロ《オペラ座通り、テアトル・フランセ広場》
左:カミーユ・コロー《川辺の木陰で読む女》1865~70年 油彩、カンヴァス55.6×46.3㎝
 Reims, Musée des Beaux-Arts ©MBA Reims 2015/Christian Devleeschauwer.
中:ジャック=ルイ・ダヴィッド(および工房)《マラーの死》1793年7月13日以降 油彩、カンヴァス111.3×86.1㎝
 Reims, Musée des Beaux-Arts ©MBA Reims 2015/Christian Devleeschauwer.
右:カミーユ・ピサロ《オペラ座通り、テアトル・フランセ広場》1898年 油彩、カンヴァス73.3×92.3㎝
 Reims, Musée des Beaux-Arts ©MBA Reims 2015/Christian Devleeschauwer.

フランス絵画の宝庫 ランス美術館展

東郷青児記念
損保ジャパン日本興亜美術館(東京・新宿)
 
4月22日(土)~6月25日(日)

フランス・ランス市にあるランス美術館の絵画コレクション約70点を紹介する展覧会が開催されています。17世紀から20世紀に至るフランス絵画の歴史を概観できる展覧会です。ランス市はパリの東北東約150kmに位置するシャンパーニュ地方の中心都市で、フランスの歴代王が戴冠式を行った、世界遺産のノートル=ダム大聖堂があり、発泡性ワイン、シャンパンの醸造地としても知られています。ランス美術館は、18世紀末の発足以降、多くの個人コレクターの寄贈などによりそのコレクションを充実させてきました。16世紀初期のルネサンス絵画から21世紀の現代アートまで幅広いコレクションを有し、シャンパン醸造所のひとつ、ポメリー社の経営者アンリ・ヴァニエが寄贈した19世紀美術のコレクションは同館の根幹を成しています。
 本展では、バロックやロココが誕生した17世紀から18世紀の「1 国王たちの時代」につづき、「2 近代の幕開けを告げる革命の中から」では新古典主義とロマン主義が花開いた18世紀末から19世紀、さらに「3 モデルニテをめぐって」では近代的な主題と表現を追求した19世紀末から20世紀初めと時代ごとの構成で、ダヴィッド、ドラクロワ、コロー、クールベ、ピサロ、ゴーギャン、ドニをはじめとする多くの画家の作品を展示し、フランス絵画の歴史を辿ります。また、「4 フジタ、ランスの特別コレクション」では、晩年をランスで過ごしたレオナール・フジタの充実したコレクションを堪能できます。

究極の方法論を求めて、貧困と戦いながらさまよってきたピサロが、最後に辿りついたのは、やはり風景画であった。それも田舎の自然や村ではなく、大好きなパリの大通りであった。(『大橋巨泉の美術鑑賞ノート4』より)

東郷青児記念
損保ジャパン日本興亜美術館ホームページ
 
  http://www.sjnk-museum.org/

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(東京・新宿)の
「ランス美術館展」のチケットを5組10名様にプレゼント

ご希望の方は、ご希望の展覧会名、お名前、郵便番号、ご住所、年齢、「『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』でめぐる世界の美術館」または『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』シリーズの感想を添えて、下記よりご応募ください。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。なお当選はチケット発送をもってかえさせていただきます。重複のご応募は無効となります。
ご応募はこちらから