来日作品を見逃すな!

アルチンボルドの『四季』『四大元素』の8作品が見られる!

s-1 s-5.1
左:ジュゼッペ・アルチンボルド《春》 1563年 油彩/板 マドリード、王立サン・フェルナンド美術アカデミー美術館蔵 
© Museo de la Real Academia de Bellas Artes de San Fernando. Madrid
右:ジュゼッペ・アルチンボルド《水》 1566年 油彩/板 ウィーン美術史美術館蔵 © KHM-Museumsverband

アルチンボルド展

国立西洋美術館(東京・上野)
6月20日(火)~9月24日(日)

果物や野菜、魚や書物などを複雑に組み合わせて描く、ユニークな肖像画で有名なマニエリスムの画家、ジュゼッペ・アルチンボルド(1526~1593年)の大回顧展が日本で初めて本格的に開催されています。代表作である『四季』の《春》《夏》《秋》《冬》と『四大元素』の《大気》《火》《大地》《水》が世界各地から集結。これら8作品が一堂に会して公開されるのは本邦初です。
 アルチンボルドはイタリア・ミラノに生まれ、16世紀後半にウィーンとプラハのハプスブルク家の宮廷画家として活躍します。歴代の神聖ローマ皇帝の中でも自然科学に深い関心を示したマクシミリアン2世、稀代の芸術愛好家として知られるルドルフ2世の両名には特別な寵愛を受け、多くの学者や知識人が集う宮廷で、皇帝の多様なコレクションに触れながら、自然科学を探究し、画家としての腕を磨いていきます。動植物を組み合わせた作品はどれもユニークですが、絵画を構成するモチーフ(動植物)の一つひとつは写実的で非常に精巧に描かれています。たとえば《水》は、横顔の頭像を構成する約60種の水棲生物すべてが博物学的正確性を持って描かれており、分類が可能です。
 本展ではアルチンボルドのアートディレクターとしての側面についても紹介しています。その一端がわかるのが、ルドルフ2世が催した馬上試合のための装飾デザイン素描10点です。飾り馬具のデッサンなどその力強い素描の中に、時代を超えた美しいデザインをみつけることができます。また、アルチンボルドに影響を与えたといわれるレオナルド・ダ・ヴィンチの貴重な素描をはじめ、アルチンボルドの発想の謎を解く手がかりとなる作品も多数展示されます。本展は国立西洋美術館の単独開催です。

アルチンボルドの奇怪な手法が、二十世紀のシュールレアリズムの参考にされたという説もある。(『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』1より)

展覧会ホームページ
http://arcimboldo2017.jp/
国立西洋美術館ホームページ
http://www.nmwa.go.jp/

国立西洋美術館(東京・上野)の「アルチンボルド展」のチケットを5組10名様にプレゼント

ご希望の方は、ご希望の展覧会名、お名前、郵便番号、ご住所、年齢、「『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』でめぐる世界の美術館」または『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』シリーズの感想を添えて、下記よりご応募ください。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。なお当選はチケット発送をもってかえさせていただきます。重複のご応募は無効となります。
ご応募はこちらから