来日作品を見逃すな!

北斎画と対比して、ドガ《踊り子たち、ピンクと緑》、セザンヌ《サント=ヴィクトワール山》が見られる!

s-2  s-1
(左)葛飾北斎『北斎漫画』十一編(部分)刊年不詳 浦上蒼穹堂 
(左から2番目)エドガー・ドガ《踊り子たち、ピンクと緑》1894年 パステル、紙(ボード裏打)66×47cm 吉野石膏株式会社(山形美術館寄託)
(右)葛飾北斎《冨嶽三十六景 東海道程ヶ谷》1830-33(天保元-4)年頃 横大判錦絵 25.7×37.8cm ミネアポリス美術館 Minneapolis Institute of Art, Bequest of Richard P. Gale 74.1.237 Photo: Minneapolis Institute of Art 
(右から2番目)クロード・モネ《陽を浴びるポプラ並木》1891年 油彩、カンヴァス 93×73.5cm 国立西洋美術館(松方コレクション)

北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

国立西洋美術館(東京・上野)
2017年10月21日(土)~2018年1月28日(日)

北斎画と西洋の芸術作品を比較展示しながら、西洋芸術への北斎の影響を辿り、ジャポニスムを読み解こうという世界初の展覧会が開催されています。19世紀後半、開国とともに国外に輸出された日本の美術品は西洋の人々を魅了し、フランス・パリを中心に“ジャポニスム”という現象が起こります。数ある日本の美術品の中で、葛飾北斎(1760-1849)の浮世絵がとりわけ印象派の画家たちに多大な影響を与えたことは有名ですが、絵画だけではなく彫刻や装飾工芸などさまざまな分野に及んだことがわかっています。
 本展では、国内外10カ所以上の美術館や個人コレクターが所蔵する、モネ、ドガ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーガン、カサット、ピサロ、スーラなどの絵画、アール・ヌーヴォー芸術などの作品、計約220点と、北斎の浮世絵約40点、版本約70冊の計約110点が展示されます(会期中展示替えあり)。並列展示により、鑑賞者一人ひとりが、当時の西洋の芸術家が北斎の作品に何を感じ、どんな影響を受けたのかを探る面白さ、西洋の芸術家の視点から北斎の魅力を再発見する楽しさを味わえます。本展は国立西洋美術館の単独開催です。

ドガの描いたバレリーナは、大体リハーサルやテストの光景である。(中略)大好きで蒐集していた浮世絵に倣って、大胆にカットされた画面構成は、他に類を見ない。(『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』4より)

展覧会ホームページ
http://hokusai-japonisme.jp
ツイッター公式アカウント
@hoku_japonisme
国立西洋美術館ホームページ
http://www.nmwa.go.jp/

国立西洋美術館(東京・上野)の「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
のチケットを5組10名様にプレゼント

ご希望の方は、ご希望の展覧会名、お名前、郵便番号、ご住所、年齢、「『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』でめぐる世界の美術館」または『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』シリーズの感想を添えて、下記よりご応募ください。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。なお当選はチケット発送をもってかえさせていただきます。重複のご応募は無効となります。

終了しました。ご応募ありがとうございました。