来日作品を見逃すな!

モネの《ヴィレの風景》《睡蓮、水草の反映》が見られる!

mo01 mo02
左:クロード・モネ 《ヴィレの風景》 1883年 油彩、キャンヴァス 60.3×78.8cm 個人蔵 ©Christie’s Images / Bridgeman Images
右:クロード・モネ 《睡蓮、水草の反映》 1914-17年頃 油彩、キャンヴァス 130.0×200.0cm ナーマッド・コレクション(モナコ)

「モネ それからの100年」展

横浜美術館(神奈川・横浜)
7月14日(土)~9月24日(月・休)

日本でとりわけ人気の高い印象派の画家、クロード・モネ(1840~1926)。モネが画業の集大成として制作に没頭していた大装飾画《睡蓮》の制作に着手してから約100年が過ぎようとしている今に受け継がれる、モネの特質とその魅力に迫る展覧会が開催されています。日本人の視点からモネの魅力を再認識するとともに、現代からモネを見つめ、モネから日本画家を中心に現代作家を見つめる、これまでにない視点の展覧会です。日本初公開作品2点を含むモネの初期から晩年までの作品25点と、後世代の26人の作家による絵画・版画・写真・映像66点が、「新しい絵画へ―立ち上がる色彩と筆触」「形なきものへの眼差し―光、大気、水」「モネへのオマージュ―さまざまな『引用』のかたち」「フレームを越えて―拡張するイメージと空間」の4部構成で展示されます。ゆらめく光や大気の一瞬をとらえる眼差し、極端なクローズアップによって逆に画面を超えてどこまでも続いていくかに思わせるイメージの広がり。こうしたモネの特質・独創性が、どのように現代の画家たちに影響を与え、引き継がれているのかを、日本人学芸員の学術的観点で考案された展示内容で浮き彫りにします。

パリ郊外のジヴェルニーに土地と家を購入し、ここに今は一般に公開されている「モネの庭」をつくる。池には大好きな睡蓮を、日本から苗を取り寄せて繁茂させた。日本式の太鼓橋も建てさせた。ありとあらゆる草木や花を植え、一日中ここに座って制作をつづけたのである。(『大橋巨泉の美術鑑賞ノート4より)

展覧会ホームページ
http://monet2018yokohama.jp/
横浜美術館ホームページ
http://yokohama.art.museum/