来日作品を見逃すな!

マネ《フォリー=ベルジェールのバー》、ルノワール《桟敷席》が見られる!

1.エドゥアール・マネ《フォリー=ベルジェールのバー》 3.ピエール=オーギュスト・ルノワール《桟敷席》 5.ポール・セザンヌ《大きな松のあるサント=ヴィクトワール山》
左:エドゥアール・マネ《フォリー=ベルジェールのバー》1882年 油彩、カンヴァス 96×130cm コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)
中:ピエール=オーギュスト・ルノワール《桟敷席》1874年 油彩、カンヴァス 80×63.5cm コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)
右:ポール・セザンヌ《大きな松のあるサント=ヴィクトワール山》1887年頃 油彩、カンヴァス 66.8×92.3cm コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

コートールド美術館展 魅惑の印象派

東京都美術館(東京・上野公園)
2019年9月10日(火)~12月15日(日)
愛知県美術館(愛知・名古屋市)
2020年1月3日(金)~3月15日(日)
神戸市立博物館(兵庫・神戸市)
2020年3月28日(土)~6月21日(日)

コートールド美術館とっておきの名品約60点が並ぶ展覧会が開催されます。
 イギリスの実業家でありコレクターでもあったサミュエル・コートールドは1932年、ロンドン大学に美術研究所が創設されると聞いて、自身のコレクションを寄贈しました。研究所はコートールド美術研究所と命名され、その優れた印象派・ポスト印象派作品のコレクションを基にコートールド美術館が併設されました。
 今回の展覧会のテーマは「読み解く」。不可解な構図のエドゥアール・マネの《フォリー=ベルジェールのバー》、同一人物をモデルにするポール・セザンヌの《カード遊びをする人々》と《パイプをくわえた男》、エドガー・アラン・ポーの詩『大鴉』と無関係とは思えないポール・ゴーガンの《ネヴァーモア》。ほかにもルノワール、ドガ、モネ、モディリアーニ、ロートレック、ゴッホなど、よく知られる画家たちの優品が並び、これら作品に残された謎を、デッサンの検証や赤外線撮影、時代背景などの研究から読み解いていきます。

晩年の傑作と名高い『フォリー・べルジュールのバー』を見るために、ボクはロンドンのコートールド美術館に、すでに六回も足を運んでいる。最初から不思議な絵で、鏡に映ったバーテンの女性を正面から画いているのだが、脇の男性や飲みものの瓶などの位置関係がオカシイ。死の前年だから、と妙なことまで考えたが、他の作品はしっかりしている。結構悩んでいたら、「マネとモダン・パリ」展(注:2010年東京)で、その習作を見て氷解した(個人蔵が見られるのは特別展の恩恵である)。この油彩の習作では、マネは中央のバーテンにやや左を向かせ、その方向に男性を配して鏡との位置関係もまっとうである。ところが完成作ではバーテンに正面を向かせ(得意の謎めいた表情で)、男性とバーテン自身のうしろ姿は全く“あり得ない”位置に描かれている。つまりマネは知っていてこう画いたのだ。(『大橋巨泉の美術鑑賞ノート4』より)

展覧会ホームページ
https://courtauld.jp
東京都美術館ホームページ
https://www.tobikan.jp
愛知県美術館ホームページ
https://www-art.aac.pref.aichi.jp/
神戸市立博物館ホームページ
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/main.html
 (2019年11月1日まで休館)