大橋巨泉のショートエッセイ - 巨泉の本物を見る

なぜフェルメールは「謎」なのか。

フェルメールは「謎の画家」と言われる。実は生没年もはっきりしているし、オランダのデルフトという町で一生暮らした。それなのになぜ“謎”と言われるかというと、彼の言葉がほとんど残っていないことに起因していると思う。ゴッホだって、もしあの厖大な弟や妹、友人あての書簡が残っていなかったら、かなり謎めいた画もある。しかし、おそらく無口で、ひっこみ思案だったフェルメールはひたすら父の残した旅館業(美術商も)にはげみ、空いた時間は絵を画いていた。しかもその死後、約200年間は彼の作品は埋もれていたのだ。田舎町の無名の画家に関する書類など、散逸してしまって当然である。

19世紀になってフランス人、トレによって発見され、世界中にファンが増えた。慌てて作品は探されたが、現在三十数点しか見つかっていない。絵がそうなのだから、手紙などは残っていない。研究者は、教会や画家組合の書類などをチェックするのだが、何しろ300年以上経っているのだ。ますますフェルメールに謎がつきまとう。ボクは実は、これは彼にとって、大きなプラスだと考えている。もし彼がゴッホのように筆マメで、多くの書簡を残していたとしよう。そしてモデルのことや、その絵にまつわる話を書き残していたら、どうであったろう。ボクは、彼の作品への興味は半減したかも知れないと、疑っている。

女主人に手紙をもった女中が、妙な薄笑いを浮べて話しかけている。窓辺で手紙を読んでいる女の横顔――表情が読みとりにくい。鏡の前で首にかけたネックレスを、もち上げている女。彼女は何をしようとしているのか。女はなぜ一人で秤をかけているのか。数え上げればキリがない。何の説明もないこれらの絵は、見るものの想像力に働きかけてくる。ボクの持論である「絵画鑑賞のカギは、見るものと作者の心の響き合いである」に、これ以上効果的な作家は居まい。

今回「フェルメールからのラブレター」なる展覧会が日本で開かれると聞いた。タイトルからして、女が一人で手紙を書いたり、読んだりしている絵が並ぶのだろう。解説などは要らない。ホンモノの前にじっと立って、絵と語り合ってみることだ。案外フェルメールはお喋りかも知れない。

「フェルメールからのラブレター展」は、2011年6月25日~10月16日京都市美術館(京都市)、2011年10月27日~12月12日宮城県美術館(仙台市)、2011年12月23日~2012年3月14日Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)で開催されます。

守山・静岡・新宿にセガンティーニが来る

ジョヴァンニ・セガンティーニは変った画家であった。名前から想像できるように、彼はイタリア人である。しかしイタリアへ行っても、彼の絵はほとんど見られない(ミラノに修業時代の作品があるが、これがなかなか良い)。わずか5歳で母と死別、父はミラノに出稼ぎに行って、彼は孤独な少年時代を過ごす。ほとんど親類に育てられ、非行に走ったりしていた。その親類にアルプスに連れて行かれ、その雄大な自然に打たれる。この母への思慕と、アルプスの自然が、セガンティーニの生涯のテーマとなった。われわれはイタリアというと、ローマ、ナポリ、ベニスなどを想起しがちだが、トリノ(冬季オリンピック開催地)など、アルプスに近い国でもあるのだ。

だから名前が違ったら、彼はアルプスの画家か、スイス人と間違えられそうだ。画才は幼少時から秀れたもので、非行から立ち直れたのも絵筆のお陰、さらに結婚相手にも恵まれた。彼は一家を率いてスイスに移り住み、しかもどんどん高地へと移住してゆく。ゴッホと同世代人なので、当然印象派の影響を受ける。しかもスーラの分割主義に魅せられた所まで似ている。そしてゴッホがここから独自のスタイルを生み出したように、セガンティーニも、分割主義に独自の遠近法を駆使して、アルプスの美しくも雄大な風景、そしてそこに生きる農民を描く(そういえば、ミレーの農民画を尊敬したことも、二人の共通点である)。

もうひとつ、セガンティーニは、母を慕うあまり、堕胎の罪を鋭く追求する。風景画が次第に象徴的になり、性の快楽に溺れる女性を断罪する絵や、聖なる母性を描いた作品が登場する。

わずか41歳で、高地のアトリエで亡くなったセガンティーニの作品は、同じく若くして逝ったが多作だったゴッホほど多くない。多くはスイスの美術館にあり、個人蔵も多い。だから過小評価されることが多いが、ボクは高く買っている。美術鑑賞ノート・シリーズの第4弾でも、特に彼のためにページを割いた。倉敷の大原美術館の代表作品として、エルグレコやモネが喧伝されているが、ボクに言わせれば、セガンティーニの「アルプスの真昼」を代表とすべきである。詳しいことは本に書いたが、このチャンスにこの一風変った画家の作品に触れてみてください。

「アルプスの画家 セガンティーニ ―光と山―」展は、震災の影響により会期が変更され、2011年7月16日~8月21日佐川美術館(滋賀県守山市)で、9月3日~10月23日静岡市美術館(静岡県静岡市)で、11月23日~12月27日損保ジャパン東郷青児美術館で開催されます。


ルーヴルもプラドも素通りした

ボクが65歳にして突然「西洋絵画」の魅力にとり憑かれたことは、いろいろな所に書いた。その1999年以来、毎年ヨーロッパやアメリカの美術館、教会、修道院などを廻って、この目で名画を見て歩いた。初めは「何でも見てやろう」方式であったが、そのうち自分の好みも解って来て、どうしても好きな絵の方へ足が向いてしまう。それがもう一度変わったのが、2007年である。この年ダイヤモンド社から、シリーズで「美術鑑賞ノート」を出版することになったからである。

こうなると、どうしても執筆のための「資料」を見に行くことになる。そしてルネサンスの宝庫フィレンツェへ向かった。こうして第2巻のためにバロック絵画を見に行き、第3巻のためにはロココや17世紀オランダ絵画を再確認に出かけた。第4巻の『印象派こんな見かたがあったのか』は、文字通り印象派が中心である。それならフランスへ行けばよいかというと、そうでもない。19世紀はアメリカの力がぐっと伸びた時代で、印象派の作品は、アメリカにも多い。

こうした自らの著書のための旅は、今年最終年を迎えた。第5巻は20世紀である。ボクはフランスを中心に、オランダ、ベルギー、スペイン、イギリスと廻った。しかし訪れた美術館は大いに今までと異なった。パリに6日もいて、一度もルーヴルに足を向けなかった。あそこには20世紀の絵は1枚もないのである。もっぱらパリ近代美術館とオランジュリーに通った。オランダはただただゴッホの再々確認のためゴッホ美術館に直行した。ベルギーでは、王立美術館の下階の方にいた(上階は歴史的名画ばかりである)。

スペインも劇的に違った。まっすぐティッセン・ボルネミッサ美術館に向かい、ここも下階にいた(ここは3階から時代順に下へ行くように展示されている)。それから「プラド」を素通りして、ソフィア王妃センターへ12年ぶりに入った。プラドには20世紀の絵はないし、ソフィアにはピカソの「ゲルニカ」がある。ロンドンでも初めて、現代画ばかりのテイト・モダンに行った。

それもこれも第5巻を、何とか面白く書くためであった。何故ボクが現代絵画に惹かれないか、それを説得力ある筆で書いてみたい。そして書き終えたら、のんびりフィレンツェに帰りたい。

3 / 3123

大橋巨泉

大橋巨泉プロフィール
本名・大橋克巳。早稲田大学政治経済学部新聞学科中退。ジャズ評論家、テレビ構成作家を経て、テレビタレントに転身。『11PM』、『クイズダービー』、『世界まるごとHOWマッチ』などヒット番組を数多く手がけた。1990年。セミリタイヤを宣言し、日本、カナダ、ニュージーランドなどに家を持ち、季節ごとに住み分ける「ひまわり生活」を送る。主な著作に、『巨泉―人生の選択』、『パリ・マドリード二都物語 名画とグルメとワインの旅』、『巨泉流 成功!海外ステイ術』(講談社)、大橋巨泉の美術鑑賞ノート1『大橋巨泉の超シロウト的美術鑑賞ノート』、同2『目からウロコの絵画の見かた』、同3『誰も知らなかった絵画の見かた』、同4『印象派 こんな見かたがあったのか』(ダイヤモンド社)などがある。

archive

2015.01.23
マティスの傑作が見られるコペンハーゲン国立美術館
2014.10.15
世界有数の個人コレクション、ティッセン=ボルネミッサ美術館
2014.09.17
幅広いコレクションの、ベルギー王立美術館
2014.07.17
マティスの「金魚」のあるプーシキン美術館(モスクワ)
2014.06.09
小さいながら見所いっぱいのフリック・コレクション(ニューヨーク)
2014.04.25
「夜のカフェテラス」はここクレラー・ミュラー美術館に!
2014.03.19
ダヴィンチもあるドイツの名館、アルテ・ピナコテーク
2014.02.10
ブリューゲルだけではない! ウイーン美術史美術館
2014.01.08
美しい絵画の宝庫、ウォレス・コレクション
2013.09.26
ラファエロの宝庫、パラティーナ美術館