来日作品を見逃すな!

北斎画と対比して、ドガ《踊り子たち、ピンクと緑》、セザンヌ《サント=ヴィクトワール山》が見られる!

s-2  s-1
(左)葛飾北斎『北斎漫画』十一編(部分)刊年不詳 浦上蒼穹堂 
(左から2番目)エドガー・ドガ《踊り子たち、ピンクと緑》1894年 パステル、紙(ボード裏打)66×47cm 吉野石膏株式会社(山形美術館寄託)
(右)葛飾北斎《冨嶽三十六景 東海道程ヶ谷》1830-33(天保元-4)年頃 横大判錦絵 25.7×37.8cm ミネアポリス美術館 Minneapolis Institute of Art, Bequest of Richard P. Gale 74.1.237 Photo: Minneapolis Institute of Art 
(右から2番目)クロード・モネ《陽を浴びるポプラ並木》1891年 油彩、カンヴァス 93×73.5cm 国立西洋美術館(松方コレクション)

北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

国立西洋美術館(東京・上野)
2017年10月21日(土)~2018年1月28日(日)

北斎画と西洋の芸術作品を比較展示しながら、西洋芸術への北斎の影響を辿り、ジャポニスムを読み解こうという世界初の展覧会が開催されています。19世紀後半、開国とともに国外に輸出された日本の美術品は西洋の人々を魅了し、フランス・パリを中心に“ジャポニスム”という現象が起こります。数ある日本の美術品の中で、葛飾北斎(1760-1849)の浮世絵がとりわけ印象派の画家たちに多大な影響を与えたことは有名ですが、絵画だけではなく彫刻や装飾工芸などさまざまな分野に及んだことがわかっています。
 本展では、国内外10カ所以上の美術館や個人コレクターが所蔵する、モネ、ドガ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーガン、カサット、ピサロ、スーラなどの絵画、アール・ヌーヴォー芸術などの作品、計約220点と、北斎の浮世絵約40点、版本約70冊の計約110点が展示されます(会期中展示替えあり)。並列展示により、鑑賞者一人ひとりが、当時の西洋の芸術家が北斎の作品に何を感じ、どんな影響を受けたのかを探る面白さ、西洋の芸術家の視点から北斎の魅力を再発見する楽しさを味わえます。本展は国立西洋美術館の単独開催です。

ドガの描いたバレリーナは、大体リハーサルやテストの光景である。(中略)大好きで蒐集していた浮世絵に倣って、大胆にカットされた画面構成は、他に類を見ない。(『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』4より)

展覧会ホームページ
http://hokusai-japonisme.jp
ツイッター公式アカウント
@hoku_japonisme
国立西洋美術館ホームページ
http://www.nmwa.go.jp/

国立西洋美術館(東京・上野)の「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
のチケットを5組10名様にプレゼント

ご希望の方は、ご希望の展覧会名、お名前、郵便番号、ご住所、年齢、「『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』でめぐる世界の美術館」または『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』シリーズの感想を添えて、下記よりご応募ください。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。なお当選はチケット発送をもってかえさせていただきます。重複のご応募は無効となります。
ご応募はこちらから

ゴッホの《花魁(溪斎英泉による)》が見られる!

s-1.花魁(溪斎英泉による) s-12..種まく人 s-画家としての自画像
左:《花魁(溪斎英泉による)》フィンセント・ファン・ゴッホ 1887年 油彩・綿布 ファン・ゴッホ美術館 (フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 ©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
中:フィンセント・ファン・ゴッホ《種まく人》1888年、油彩・カンヴァス、ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
右:フィンセント・ファン・ゴッホ《画家としての自画像》1887/88年、油彩・カンヴァス、ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

北海道立近代美術館(北海道・札幌市)
2017年8月26日(土)~10月15日(日)
東京都美術館(東京・上野)
2017年10月24日(火)~2018年1月8日(月・祝)
京都国立近代美術館(京都・京都市)
2018年1月20日(土)~3月4日(日)

ゴッホは日本人が最も好きな画家といわれますが、じつはゴッホも日本を愛し、日本から大きな影響を受けていました。また、日本人のゴッホ好きは今に始まったわけではないようです。ゴッホと日本の相互関係にスポットを当てた展覧会が始まりました。「ファン・ゴッホのジャポニスム」「日本人のファン・ゴッホ巡礼」の2部構成で、ゴッホと日本の相互関係を探る、日本人には興味深い展覧会です。
 1853年にオランダに生まれたフィンセント・ファン・ゴッホが、1886年にパリに移り、自らの絵画表現を追求していたころ、パリではジャポニスムが大流行していました。浮世絵に魅せられたゴッホは、版画を収集し、それを模写した油彩画を描いたりしながら、構図や色彩を熱心に研究しました。さらに書物などでも日本に親しむうちに、ゴッホの中の日本は理想郷へとなっていったようです。1888年に芸術家たちの共同体、芸術家村の設立を目指して赴いた南仏のアルルを、しばしば日本と重ね合わせた手紙を書き送っています。そんなアルルで多くの傑作を描きました。
 1890年、ゴッホはパリ近郊のオーヴェール=シュル=オワーズで志半ば、37歳という若さで亡くなりました。ゴッホが最晩年に交友を持った主治医ガシェのオーヴェールに暮らす一族のもとに、1910年代から日本の画家や文学者たちが訪れています。憧れの画家の足跡をたどって、同地を訪れた日本人はなんと240名あまり。(訪問した日本人の数が240名でなく、署名の残っている人のみで240名です。)ガシェ一族の元に残された3冊の芳名録に署名が残っています。日本を理想とし、憧れたゴッホは、時を経て、日本人に理想とされたのです。
 本展では、ゴッホの日本からの影響を、国内外の約40点のゴッホ作品と、同時代の画家の作品や浮世絵など約60点で多角的に検証。日本人のゴッホ巡礼の証である芳名録を含む約80点の貴重な資料も公開されます。本展はファン・ゴッホ美術館との国際共同プロジェクトです。東京、京都へ巡回します。

当時のパリはジャポニズムが大流行していて、安いプリントはいくらでも手に入った(単なる包装紙にも使われていた)が、ゴッホはもっと高価な浮世絵も蒐集していた(今ゴッホ美術館で見られる)。ただ集めていただけでなく、油絵で模写したものだ。有名な英泉による『おいらん』(鼻梁が西洋人なのがうける!?)、広重による『梅の花』、同じく広重による『雨の大橋』など、すべてゴッホ美術館にある。(『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』5より)

展覧会ホームページ
http://gogh-japan.jp
北海道立近代美術館ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/knb/
東京都美術館ホームページ
http://www.tobikan.jp/
京都国立近代美術館ホームページ
http://www.momak.go.jp/

北海道立近代美術館(北海道・札幌市)および東京都美術館(東京・上野)の
「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」のチケットを各5組10名様にプレゼント

ご希望の方は、ご希望の展覧会名、お名前、郵便番号、ご住所、年齢、「『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』でめぐる世界の美術館」または『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』シリーズの感想を添えて、下記よりご応募ください。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。なお当選はチケット発送をもってかえさせていただきます。重複のご応募は無効となります。

終了しました。ご応募ありがとうございました。

ゴッホの傑作、ルーラン夫妻の肖像画が揃って見られる!

s-1 s-2 s-10
左:フィンセント・ファン・ゴッホ 《郵便配達人ジョゼフ・ルーラン》1888年 81.3cm×65.4cm 油彩、カンヴァス Gift of Robert Treat Paine 2nd, 35.1982
中:フィンセント・ファン・ゴッホ 《子守唄、ゆりかごを揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン夫人》1889年 92.7cm×72.7cm 油彩、カンヴァス Bequest of John T. Spaulding, 48.548
右:エドガー・ドガ 《腕を組んだバレエの踊り子》1872年頃 61.3cm×50.5cm 油彩、カンヴァス Bequest of John T. Spaulding, 48.534
All Photographs © 2017 Museum of Fine Arts, Boston

ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション

東京都美術館 企画展示室(東京・上野)
2017年7月20日(木)~10月9日(月・祝)
神戸市立博物館(兵庫・神戸)
2017年10月28日(土)~2018年2月4日(日)
名古屋ボストン美術館(愛知・名古屋)
2018年2月18日(日)~7月1日(日)

アメリカを代表する世界的美術館、ボストン美術館の幅広いコレクションを紹介する展覧会が開催されています。ボストン美術館は、ボストンの財界、教育界、文化界を代表する有志により設立された美術館です。1876年の開館以来、運営は非営利団体が行い、コレクションの収集には国や州の財政資金を一切受けず、市民をはじめとする寄贈者がコレクション形成に寄与してきました。現在、50万点以上もの収蔵品を誇りますが、そのコレクションはいわば優れたコレクター、市民の支援の賜物といえるものです。
 本展では、コレクションを形成する名品を収集したコレクターに光を当てながら、「古代エジプト美術」「中国美術」「日本美術」「フランス絵画」「アメリカ絵画」「版画・写真」「現代美術」の7章構成で、古今東西の80点の作品を紹介しています。フランス絵画の章では、モネ、ルノワール、ドガ、コロー、セザンヌ、ピサロ、ミレー、ゴッホなどの、印象派とポスト印象派の作品を展示。ゴッホの傑作、ルーラン夫妻の肖像画が並列展示されるのも見どころです。アメリカ絵画の章ではサージェント、コプリーなどの油彩作品が、版画・写真の章ではホーマーやホッパーの版画の秀作が展示されています。また、エジプト・ギザで発掘された《ツタンカーメン王頭部》、陳容《九龍図巻》、修理を終えたばかりの英一蝶《涅槃図》など古代エジプト美術や東洋美術にも注目作品が目白押しで、出品作品すべてに見応えのある展覧会となっています。
 本展は神戸と名古屋に巡回予定です。

たびたび発作を起こすが、これも有名な肖像画のある郵便配達夫のルーラン夫妻が、見舞ったり、身辺の世話をしてくれる。あの夫妻の絵のバックに画かれている花などは、ゴッホの感謝と好意の象徴なのだ。(『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』5より)

展覧会公式ホームページ
http://boston2017-18.jp/
東京都美術館ホームページ
http://www.tobikan.jp
神戸市立博物館ホームページ
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/main.html
名古屋ボストン美術館ホームページ
http://www.nagoya-boston.or.jp

東京都美術館(東京・上野)の
「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」のチケットを5組10名様にプレゼント

ご希望の方は、ご希望の展覧会名、お名前、郵便番号、ご住所、年齢、「『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』でめぐる世界の美術館」または『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』シリーズの感想を添えて、下記よりご応募ください。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。なお当選はチケット発送をもってかえさせていただきます。重複のご応募は無効となります。
終了しました。ご応募ありがとうございました。

ティントレット《伊東マンショの肖像》、ブロンズィーノ《ビア・デ・メディチの肖像》が見られる!

Agnolo BronzinoRitratto di Bia De' MediciINV.1890 N.1472 s6 Paolo Veronese Venere e Mercurio presentano a Giove il figlio Anteros
左:ブロンズィーノ《ビア・デ・メディチの肖像》 油彩、板1542年頃 フィレンツェ、ウフィツィ美術館 Antonio Quattrone, Firenze
中:ドメニコ・ティントレット《伊東マンショの肖像》(部分) 1585年油彩、カンヴァス ミラノ、トリヴルツィオ財団
右:パオロ・ヴェロネーゼ《息子アンテロスをユピテルに示すヴィーナスとメルクリウス》 1561-65年頃 油彩、カンヴァス フィレンツェ、ウフィツィ美術館 Gabinetto Fotografico delle Gallerie degli Uffizi

遥かなるルネサンス展

青森県立美術館(青森・青森市)
7月28日(金)~9月10日(日)
東京富士美術館(東京・八王子市)
9月21日(木)~12月3日(日)

16世紀後半、日本人として記録上初めてヨーロッパに渡った「天正遣欧少年使節」。使節団のイタリアでの足跡を辿りながら、日本人が初めて見たヨーロッパ文化、イタリア・ルネサンス芸術を紹介する展覧会が開催されています。
 日本人自身の中からヨーロッパ文明の語り部となる人物を育成する必要があると考えたイエズス会宣教師ヴァリニャーノは、日本人信徒のヨーロッパ派遣を計画。天正遣欧少年使節が結成され、1582年に伊東マンショら13歳頃の少年4人が長崎を出発しました。1584年にポルトガルに到着、スペイン、イタリアのフィレンツェ、ピサを経由し、1585年3月にローマへ。ヴァチカン宮殿で教皇グレゴリウス13世に謁見するという大きな目的を果たした後、ボローニャ、ヴェネツィア、ヴェローナ、マントヴァ、ミラノ、ジェノヴァなど、イタリアの各都市に立ち寄ります。行く先々で大変な歓待を受け、各地の教会儀式に参加するなどし、見聞を広め、出発から8年半後の1590年に帰国しました。
 本展では、滞在中に彼らが目にしたかもしれない、ティントレット(1518~94)、ブロンズィーノ(1503~72)、ヴェロネーゼ(1528~88)の絵画をはじめ、タピスリー、陶器、ガラスなどの工芸品、使節団の書簡資料など約70点が展示されます。特に、2014年に偶然発見された、ティントレット工房が手掛けた《伊東マンショの肖像》は注目です。本展は青森県立美術館で開催の後、東京富士美術館に巡回します。

巨匠ティツィアーノによって完成されたヴェネツィア・ルネサンスの後を継いだのは、ティントレットとヴェロネーゼである。(『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』1より)

青森県立美術館ホームページ
http://www.aomori-museum.jp/
東京富士美術館ホームページ
http://www.fujibi.or.jp/

ピサロ《オペラ座通り、テアトル・フランセ広場》、ゴーギャン《バラと彫像》が見られる!

コロー《川辺の木陰で読む女》 ダヴィッド《マラーの死》 ピサロ《オペラ座通り、テアトル・フランセ広場》
左:カミーユ・コロー《川辺の木陰で読む女》1865~70年 油彩、カンヴァス55.6×46.3㎝
 Reims, Musée des Beaux-Arts ©MBA Reims 2015/Christian Devleeschauwer.
中:ジャック=ルイ・ダヴィッド(および工房)《マラーの死》1793年7月13日以降 油彩、カンヴァス111.3×86.1㎝
 Reims, Musée des Beaux-Arts ©MBA Reims 2015/Christian Devleeschauwer.
右:カミーユ・ピサロ《オペラ座通り、テアトル・フランセ広場》1898年 油彩、カンヴァス73.3×92.3㎝
 Reims, Musée des Beaux-Arts ©MBA Reims 2015/Christian Devleeschauwer.

ランス美術館展

名古屋市美術館
10月7日(土)~12月3日(日)

フランス・ランス市にあるランス美術館の絵画コレクション約70点を紹介する展覧会が開催されています。17世紀から20世紀に至るフランス絵画の歴史を概観できる展覧会です。ランス市はパリの東北東約150kmに位置するシャンパーニュ地方の中心都市で、フランスの歴代王が戴冠式を行った、世界遺産のノートル=ダム大聖堂があり、発泡性ワイン、シャンパンの醸造地としても知られています。ランス美術館は、18世紀末の発足以降、多くの個人コレクターの寄贈などによりそのコレクションを充実させてきました。16世紀初期のルネサンス絵画から21世紀の現代アートまで幅広いコレクションを有し、シャンパン醸造所のひとつ、ポメリー社の経営者アンリ・ヴァニエが寄贈した19世紀美術のコレクションは同館の根幹を成しています。
 本展では、バロックやロココが誕生した17世紀から18世紀の「1 国王たちの時代」につづき、「2 近代の幕開けを告げる革命の中から」では新古典主義とロマン主義が花開いた18世紀末から19世紀、さらに「3 モデルニテをめぐって」では近代的な主題と表現を追求した19世紀末から20世紀初めと時代ごとの構成で、ダヴィッド、ドラクロワ、コロー、クールベ、ピサロ、ゴーギャン、ドニをはじめとする多くの画家の作品を展示し、フランス絵画の歴史を辿ります。また、「4 フジタ、ランスの特別コレクション」では、晩年をランスで過ごしたレオナール・フジタの充実したコレクションを堪能できます。
 名古屋市とランス市は会期中の2017年10月20日に姉妹都市提携を結びます。この両市の友好を記念して、ドラクロワ、ブーダン、コランの作品3点が特別出品されます。

究極の方法論を求めて、貧困と戦いながらさまよってきたピサロが、最後に辿りついたのは、やはり風景画であった。それも田舎の自然や村ではなく、大好きなパリの大通りであった。(『大橋巨泉の美術鑑賞ノート4』より)

名古屋市美術館
  http://www.art-museum.city.nagoya.jp/

名古屋市美術館のランス美術館展のチケットを5組10名様にプレゼント

ご希望の方は、ご希望の展覧会名、お名前、郵便番号、ご住所、年齢、「『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』でめぐる世界の美術館」または『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』シリーズの感想を添えて、下記よりご応募ください。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。なお当選はチケット発送をもってかえさせていただきます。重複のご応募は無効となります。
ご応募はこちらから

ハルス《手袋を持つ男の肖像》、デ・ホーホの《女主人とバケツを持つ女中》が見られる!

ren sha dehoho 
左:レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン《運命を悟るハマン》1660年代前半 ©The State Hermitage Museum, St Petersburg, 2017-18
中:ジャン=バティスト・シメオン・シャルダン《食前の祈り》1744年 ©The State Hermitage Museum, St Petersburg, 2017-18
右:ピーテル・デ・ホーホ《女主人とバケツを持つ女中》1661-1663年頃 ©The State Hermitage Museum, St Petersburg, 2017-18

大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち

森アーツセンターギャラリー(東京・六本木)
2017年3月18日(土)~6月18日(日)
愛知県美術館(愛知・名古屋)
2017年7月1日(土)~9月18日(月・祝)
兵庫県立美術館(兵庫・神戸)
2017年10月3日(火)~2018年1月14日(日)

エルミタージュ美術館の膨大なコレクションの中核を成す、16世紀ルネサンス時代から17世紀バロックを経て18世紀ロココに至る、西洋絵画の巨匠「オールドマスター」の傑作を紹介する展覧会が開催されています。
 エルミタージュ美術館は帝政ロシア時代の首都であったサンクトペテルブルクにあるロシアを代表する世界的美術館です。エカテリーナ2世(在位1762-1796)が1764年にドイツの実業家から317点の絵画を取得したのが始まりといわれています。その後、歴代皇帝が国家の威信にかけて収集した、1万7千点にも及ぶ絵画コレクションのほか、世界中の美術品、文物など約310万点を所蔵しています。
 本展では、「イタリア:ルネサンスからバロックへ」「オランダ:市民絵画の黄金時代」「フランドル:バロック的豊穣の時代」「スペイン:神と聖人の世紀」「フランス:古典主義的バロックからロココへ」「ドイツ・イギリス:美術大国の狭間で」の国・地域別構成で、エルミタージュ美術館で常設展示されている、ティツィアーノ、クラーナハ、レンブラント、ルーベンス、デ・ホーホ、ヴァン・ダイク、ヴァトー、ブーシェ、シャルダンなどの油彩85作品を展示。西洋絵画の王道ともいうべき作品群が鑑賞できる展覧会です。本展は名古屋と神戸に巡回します。

彼(デ・ホーホ)の絵には「前景」というものがほとんどない! これも彼の特徴の一つで、綿密な一点透視法によって遠近感や三次元空間は表現されているので、特に短縮法は不要だったのだろう。たとえばエルミタージュで見た『女主人に手桶を見せる女中(女主人とバケツを持つ女中)』など、前景はゼロである。色彩豊かに描かれた二人の女と家、実に赤が巧く使われている。そしてわれわれの眼は中景から遠景へ誘われていく。(『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』2より)

展覧会ホームページ
http://hermitage2017.jp/
森アーツセンターギャラリーホームページ
http://www.roppongihills.com/museum/
愛知県美術館
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/
兵庫県立美術館
http://www.artm.pref.hyogo.jp/

森アーツセンターギャラリー(東京・六本木)の
「大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」のチケットを
5組10名様にプレゼント

ご希望の方は、ご希望の展覧会名、お名前、郵便番号、ご住所、年齢、「『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』でめぐる世界の美術館」または『大橋巨泉の美術鑑賞ノート』シリーズの感想を添えて、下記よりご応募ください。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。なお当選はチケット発送をもってかえさせていただきます。重複のご応募は無効となります。
終了しました。ご応募ありがとうございました。